ボストン歯科のコンセプト

ボストン歯科では治療前に、患者さんとのコミュニケーションをしっかり行ってから治療を行っています。また、痛みの少ない治療(ペインコントロール)に心がけ、皆様のお口の中の健康を守る事がボストン歯科の使命だと考えています。また歯を残す治療を心がけ常に新しい技術を取り入れる努力をしています。 院内感染予防や衛生面に力を入れ患者様がうがいをするお水、治療のためのお水も体に無害な殺菌水を使用しています。このことにより治療をしながら、お口の中の殺菌かできています。

歯を削らない。歯を抜かない。神経を抜かない。
ボストン歯科のレーザー治療

今までは削って詰めていたのですが、一度削ってしまった歯は元に戻りません。レーザーを使って、再生治療をしましょう。

一生使う大事な歯だから、レーザーを使って硬くて虫歯になりにくい丈夫な歯に変えましょう。

たとえつめて治しても一度虫歯になってしまった歯は、どんどん虫歯が深くなりやすいので、今以上に歯が溶けてなくならないようにレーザー治療をしましょう。

神経の治療の必要な歯は、たくさんのバイ菌で汚れています。きちんと滅菌し、悪くなった部分を掃除して、早く治します。

なかなか治らなくて、とても痛い口内炎は、レーザーで痛みを取ってすばやく治します。

レーザーを使うことで今までよりも短時間で健康な歯肉を取り戻しましょう。そして歯周病の元になる歯石の除去などもレーザーで行なうことができます。 手術の苦痛の無いレーザー治療で健康で引き締まった歯肉を再生しましょう。

大きな虫歯の場合、神経をとらなければならない程ひどくなっていることもあります。 レーザーを使って神経をなるべく守るようにしましょう。

知覚過敏は、冷たい水がしみるなど辛いものです。レーザーを使って根本から原因を取り除きましょう。

歯のしみが起きにくい低濃度のホワイトニング薬剤でも、通常の高濃度のホワイトニング薬剤と同等の効果が期待できます。

詳しくはこちら

ボストン歯科の
できるだけ削らない虫歯治療

ドッグベストセメントとは虫歯を削らない!痛くない!神経を残す、無痛虫歯治療法です。 従来の歯科治療では、虫歯の部分を削り、詰めものや被せものをしたり、重度の場合は神経を抜いたり抜歯を行い、ブリッジにしたりする方法が主でした。しかし現在は歯科医療界において、これまでの治療法とは異なる考え方も少しずつ浸透してきています。 それがドッグベストセメントで、「できるだけ歯を削らず、できるだけ神経をとらず、できるだけ抜歯しない」という“保存”の考え方に基づいたものです。ボストン歯科では、このドッグベストセメントをベースとした治療を行っております。


ボストン歯科衛生面のこだわり

ボストン歯科では安心して治療をしていただく為に、エピオスウォーターを使用しています。 エピオスウォーター(次亜塩素酸水)とは不純物を極限まで取り除いた「超純水」と「食塩」を混合し「電気分解」した、「薬品」など全く使用しない、安心・安全な殺菌治療水です。 コップの水から治療中の水や手洗いの水まで全ての水にエピオスウォーターを使用しております。このシステムにより治療・予防・院内感染予防効果が向上し、更なる高度な治療・予防をご提供できるようになりました。 口腔内洗浄・歯石除去・歯周病治療・むし歯治療・歯の根の治療・外科処置・義歯洗浄などで使用すると、細菌・ウィルスを殺菌・不活性することが可能となります。 結果として、口臭の発生やプラークの形成を抑制して歯周病やむし歯を予防します。また使用した治療器材や器具の消毒としても使用しています。
詳しくはこちら

ボストン歯科の
ドッグベストセメント治療

ボストン歯科では、このドッグベストセメントとプラズマレーザーを併用した、より効果の高い治療を行っております。
詳しくはこちら

News Release

2015.11.10
札幌初、新型スト...

ボストン歯科で、この度、高性能医療レーザー、プラズマチタ…

Learn more
2015.09.27
サイトリニューア...

ホームページを新しく更新いたしました。詳しくはこちら…

Learn more
2015.07.30
経営譲渡のお知ら...

ボストン歯科クリニックをご利用の皆様へ この度、7…

Learn more