エピオスECOシステム

ボストン歯科では安心して治療をしていただく為に、エピオスウォーターを使用しています。 エピオスウォーター(次亜塩素酸水:HCLO)とは不純物を極限まで取り除いた「超純水」と「食塩」を混合し「電気分解」した、「薬品」など全く使用しない、安心・安全な殺菌治療水になります。

エピオス水の特徴

除菌作用がある

タンパク分解作用がある(バイオフィルムの破壊)
消臭力がある
暖めるほど殺菌性が上がる
人体には無害
80ppm以下なら食品添加物扱いになる
pHが中性に近いのでむし歯になる心配がない
■エピオス水で殺菌できるもの
・ほとんどの細菌
・カビ
・ウイルス(B型・C型肝炎ウィルス・ノロウィルス・HIV・MRSA・インフルエンザウィルス・O-157、カンジタ菌など)

連続除菌治療システム

当医院では、POIC研究会推奨「安全で安心な治療環境」を実現する残留塩素濃度補正装置による「連続除菌治療システム」と「POICウォーター®」を使用しています。 「治療用チェアー(歯科ユニット)」は色々な所から「水」が出るしくみになっています。 色々な場面で「水」を使っています。

歯科医院ではこの「水」をよく使い、この「水」がとても重要となります。 しかし、治療用チェアーから出てくる「水」は、水道水チェアにそのまま使っていて、今とても大きな社会問題になっています。 この歯科チェアーの水質汚染は、菌が10万個以上の場合もあります。
※法律では水1ccあたりに菌が100個以内でないといけません 調査:米国CBS(1999)・米国ABC(1999)・東京医科歯科大(2000)・日大の治療水調査(2001)など多数報告 ほとんどの歯科医院ではこの基準を満たしていません。
もう1つ問題があり、この汚れた水はパイプの内面にネバネバした膜(バイオフィルム)を作ってしまいます。このネバネバした膜は台所の排水溝周囲のネバネバの汚れとほとんど同じものです。

POICウォーターを使用する当医院では残留塩素補正装置による「連続除菌治療システム」を導入しており歯科治療に関わる全ての水に強い殺菌力を持つPOICウォーター®を使用しております。パイプはフッ素コーティングをした特殊な「メディカルクリーンパイプ」に変更しています。 POICウォーター®は人間の血液中にある、免疫成分の次亜塩素酸(HCIO)という成分を高純度の塩と水を電気分解して作った電解機能水です。(食品添加物認可)

POICウォーター®でのホームケア

安全・安心!
POIC(Professional Oral-infection Control)
専門的口腔感染予防

1
毎日の食後、就寝前、気になった時にいつでもブクブク!
キャップ1杯(約10cc)のPOICウォーター®で15~20秒うがいします
2
ブクブクうがい後、お口に含んだまま歯ブラシや歯間ブラシでブラッシングすると更に効果が期待出来ます!
お湯でうすめて使用してもOK!
※ホームケアの詳細はスタッフまでお気軽にお聞きください。

POIC(安全で安心)

POICウォーター®の効力は下記のとおりです 2種類の機能水を使い分けることにより臨床効果を出しています 詳しくは担当スタッフもしくはDr.までお尋ねください POICウォーター®(高濃度次亜水+低濃度次亜水) POICウォーター® + 低濃度POICウォーター®/p>